Azure Files の作成

いいね!!

Azure Files とは、BLOBストレージに直接(仮想マシン無しで)共有フォルダを作成するファイル共有サービスです。
機能が追加され、ファイルサーバーの同期バックアップ or クラウドティアリングが可能になりました!!
ファイルサーバーにクラウド バックアップ機能を追加する Azure File Sync (AFS)とは?

いろいろ、ポイントがありますので、使い所を見極めましょう!

・GRS(リージョン間コピー)に対応した、フルマネージドファイルサーバー
・1ストレージアカウントにつき、1つの「アクセス キー」
※共有フォルダ名が「ID」、アクセス キーが「パスワード」のような感じ
・NTFSアクセス権の設定が可能
※「Azure Files と AzureAD DS で NTFS アクセス権を試す!
・利用プロトコルは「SMB 3.0」(Win8,2012以降)。同一リージョンに限り「SMB 2.1」も可
※オンプレPCからインターネット越しで直接アクセスできます。(TCP445 送信許可が必要)

【Standard】
・最大ボリュームサイズ:100TB,5TB
・最大ファイルサイズ:1TB
・最大ファイル数:無制限
・最大IOPS:10,000IOPS,1,000IOPS
・最大スループット:300MB,60MB/秒

【Premium】
・最大ボリュームサイズ:100GB-100TB
・最大ファイルサイズ:1TB
・最大ファイル数:無制限
・最大IOPS:1IOPS/GB ※最大3倍までのバースト機能あり
・送信スループット:0.06 x GB + 60 = MB
・受信スループット:0.04 x GB + 40 = MB


Azure Files を作成してみましょう!

[ストレージアカウント]-[ファイル]-[+ファイル共有]

名前:共有フォルダ名
クォータ:保存できるファイルの上限値。無記入の場合「5TB」となる。

fs01


ポータルサイト上からでも、ファイルのアップロード&ダウンロードが可能です。

fs02


仮想マシンから接続してみましょう!

事前に「アクセス キー」を下記のようにして取得して下さい。

fs03

コマンドプロンプトからマウント
net use <ドライブレター> \\<ストレージアカウント>.file.core.windows.net\<共有フォルダ名> /u:<ストレージアカウント> <アクセス キー>

net use z: \\tushigamistorage.file.core.windows.net\tushigamifs /u:tushigamistorage 0aA5VOaDEMn4

ネットワークドライブとしてマウントする事も可能です。

fs04

ただし、上記の方法でマウントした場合、仮想マシンを再起動すると、再度「アクセス キー」を入力する必要があります。※パスワードに「アクセス キー」を入力すればOKです。

fs05

永続的にマウントする方法 ※再起動後も自動マウント

資格情報を格納
cmdkey /add:tushigamistorage.file.core.windows.net /user:tushigamistorage /pass:0aA5VOaDEMn4

格納後にマウント
net use z: \\tushigamistorage.file.core.windows.net\tushigamifs


おまけ

[Key1の再生性][Key2の再生性]をすると、接続済みの端末で「アクセス キー」の更新が必要となります。

fs06