Windows の日本語化とタイムゾーンの変更

いいね!!

仮想マシン作成後に行っておきたい事を記載しておきます。

・Windwos Update
・Windows OSの日本語化
・日本語環境を全ユーザーに適用
・タイムゾーンの変更


OSの日本語化方法 [Windows 2012 R2 ]

[コントロールパネル] > [Add language]update01

[日本語]を選択

update02

[日本語]を選択した状態で、「Move up」し最優先言語に設定する。

update03

[Options]を押下

update04

[Download and install language pack]を押下

update05

ダウンロード&インストールが開始されます。完了したら、一度サインアウトして下さい。

update06


日本語環境を全ユーザーに適用する

[コントロールパネル] > [地域] > [場所]で「日本」を選択

update08

[管理] > [設定のコピー]を押下 ※適用には再起動が必要です。
下記項目にチェックを入れて下さい。
>「ようこそ画面とシステム アカウント」
>「新しいユーザー アカウント」

update09

[管理] > [システム ロケールの変更]を押下 ※適用には再起動が必要です。
現在のシステム ロケールを「日本語(日本)」に変更

update11


タイムゾーンの変更

[タイムゾーンの変更] > [タイムゾーンの設定]でタイムゾーンを「大阪、札幌、東京」に変更

update10


OSの日本語化方法 [Windows 2016 ] ~PowerShell~

$LpUrl = “http://download.windowsupdate.com/c/msdownload/update/software/updt/2016/09/”
$LpFile = “lp_9a666295ebc1052c4c5ffbfa18368dfddebcd69a.cab”
$LpTemp = “C:\LpTemp.cab”
Set-WinUserLanguageList -LanguageList ja-JP,en-US -Force
Start-BitsTransfer -Source $LpUrl$LpFile -Destination $LpTemp -Priority High
Add-WindowsPackage -PackagePath $LpTemp -Online
Set-WinDefaultInputMethodOverride -InputTip “0411:00000411”
Set-WinLanguageBarOption -UseLegacySwitchMode -UseLegacyLanguageBar
Remove-Item $LpTemp -Force
Restart-Computer

Set-WinUILanguageOverride -Language ja-JP
Set-WinCultureFromLanguageListOptOut -OptOut $False
Set-WinHomeLocation -GeoId 0x7A
Set-WinSystemLocale -SystemLocale ja-JP
Set-TimeZone -Id “Tokyo Standard Time”
Restart-Computer