Azure Files と AzureAD DS で NTFS アクセス権を試す!

Azure Files に対して、AzureAD DS に登録されたユーザーを利用してNTFSアクセス権が設定できるようになりましたので、試してみたいと思います。
Windows Virtual Desktop のファイルサーバー&プロファイル置き場として利用できます。

【管理者が行う設定】

①管理者用端末から、Azure Filesを[key]を利用してマウント
②Azure Files内のファイルに対してNTFS設定を実施
③ユーザーアカウントに対してAzure Files マウントを許可するためのRBAC設定

【ユーザーからの接続の流れ】

①ユーザーデバイスからAzure Filesをマウントするには、Azure Files に対してユーザーアカウントのRBAC設定が許可されている必要があります。
AzureAD に対して確認を行うので AzureAD に存在しているユーザーである必要があります。
なので、AzureAD DSで作成したユーザーは利用できません。
以下いずれかのロールが割り当てられたユーザーが対象となります。
・Storage File Data SMB Share Reader:読み取り
・Storage File Data SMB Share Contributor:読み取り/書き込み/削除
・Storage File Data SMB Share Elevated Contributor:読み取り/書き込み/削除/変更
※複数設定した場合、上位の権限が優先される。
※Readerを選択すると、NTFSで書き込みを許可しても読み取りとなる。

②ユーザーアカウントが Azure Files 内のファイルにアクセスするには、ファイル/フォルダに対してNTFSの許可設定が必要となります。


全体の流れ

Step1:NTFSアクセス権の設定 (管理者用設定)
Step2:ストレージアカウント(Azure Files)での認証&RBAC設定 (ユーザー用設定)

事前に[AzureAD DS][Azure Files]を作成しておいてください。

Active Directory 構築不要!! Azure AD Domain Services とは?
Azure ファイルストレージ の作成


Step1:NTFSアクセス権の設定

管理者用のアカウント&端末にて実施

net use Z: \\blobfile.file.core.windows.net\fils d95Xxf8Whpg== /user:azure\blobfile
※ストレージキーを利用してマウントすると、フルコントロール権限が付与される。
※管理者アカウントのRBAC設定は不要

[Owner]を変更すると、自由に編集が可能

ちなみに、下記のように共有フォルダを設定すると、FSlogix用のユーザープロファイル置き場として利用できます。

表示されるのは、自身のユーザープロファイルだけ





Step2:ストレージアカウントでの認証&RBAC設定

Azure Files用のストレージアカウントでの認証設定を実施

[Configuration]ー[Identity-based Directory Service for Azure Files Authentication]
※日本語表示だと設定が反映されない。

続いて、Azure Files用のストレージアカウントでRBACを設定

[Access control(IAM)]ー[+Add]ー[Add role assignment]

Role:Storage File Data SMB Share (Reader/Contributor/Elevated Contributor)から選択
Assign access to:※デフォルトのまま
Select:※マウントを許可したいユーザーアカウントを選択

設定が確認できます。

以上で、完了です!


それでは、接続してみましょう!

ユーザー用のアカウント&端末にて実施

net use Z: \\blobfile.file.core.windows.net\fils ※ID&Passは聞かれません。

マウント後のファイル操作はNTFSアクセス権に従います。

1日、1ツイート