Windows Virtual Desktop 用のマスターイメージを作成してみる!

いいね!!

Windows Virtual Desktop 用のマスターイメージ作成にあたり、最低限やっておきたい事を記載したい思います。


全体の流れ

Step1:Windows 10 日本語化とタイムゾーンの変更
Step2:FSLogixのインストール
Step3:RDP系レジストリ設定
Step4:デスクトップ系レジストリ設定
Step5:Office 365 ProPlusのインストール
Step6:初期化とイメージ化

マスターイメージ用として、Windows 10 Multi-session VMを利用
[Windows 10 Enterprise for Virtual Desktops Preview, Version 1809]
※以下手順は、すべてこのVM上にて実施

O365インストール済みのVMもある
[Microsoft Windows 10 + Office 365 ProPlus]


Step1:Windows 10 日本語化とタイムゾーンの変更

 


Step2:FSLogixのインストール

FSLogixのプロファイル機能「Cloud Cache」を有効にするために必要な部分を記載します。
Cloud Cache を設定する方法は2つあります。
「レジストリから設定する方法」「GPOから設定する方法」 ※GPOオススメ

※機能詳細については「ユーザープロファイル問題を解決する「FSLogix」とは?

FSLogixをダウンロード

FSLogixAppsJavaRuleEditorSetup.exe = Java Redirection
FSLogixAppsRuleEditorSetup.exe = App Masking
FSLogixAppsSetup.exe = Cloud Cache / Profile Container / Office 365 Container

【GPO設定の準備】
[fslogix.adml]を「C:\Windows\PolicyDefinitions\en-US」にコピー
[fslogix.admx]を「C:\Windows\PolicyDefinitions」にコピー

ファイル名を指定して実行[gpedit.msc]

[Enabled][Delete local profile when FSLogix Profile should apply]を有効化

「WriteCacheDirectory][CacheDirectory][ProxyDirectory]に対して、ディレクトリパスを入力。※各ディレクトリは新規作成して下さい。汎用Blobに保存したい場合は必須。

[Clear local cache on logoff]を有効化
[Cloud Cache Locations]にプロファイルの保存先を記載

例:優先度1=ファイルサーバー、優先度2=Page Blob を指定
type=smb,connectionString=\\10.0.0.4\ProCon;type=azure,connectionString=
“DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName=userpro;AccountKey=R5iA~YgkQ==;
EndpointSuffix=core.windows.net”,cacheFlushInterval=1000;

【気になるところ】
・Dynamic VHD(X) allocation:Enable or Disable ※Thin Provisioning
・Size In MBs:500MB~1TB ※VHD(X) のサイズ(Default 30GB)
・Vitual Disk Type:VHD or VHDX
・VHDX Sector Size:4KB or 512B

ファイルサーバーを確認すると、VHD(ユーザープロファイル)が作成されています。

VDIを確認すると、VHD(ユーザープロファイル)がマウントされています。

Page Blobを確認すると、VHD(ユーザープロファイル)が作成されています。


Step3:RDP系レジストリ設定

RDPにまつわる、タイムアウト値をマスターイメージ作成のタイミングで行います。
※PowerShell(管理者)で実施

・RemoteAppLogoffTimeLimit:RemoteApp Client終了後から、自動ログオフまでの時間
・fResetBroken:タイムアウトにより、RDP切断されるところを、ログオフに変更する
・MaxConnectionTime:RDP接続可能時間。超過するとログオフします
・MaxDisconnectionTime:RDP切断後から、自動ログオフまでの時間
・MaxIdleTime:無操作許容時間。超過するとログオフします

※指定する時間は環境に合わせてください。

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v RemoteAppLogoffTimeLimit /t REG_DWORD /d 0 /f

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v fResetBroken /t REG_DWORD /d 1 /f

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v MaxConnectionTime /t REG_DWORD /d 10800000 /f

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v MaxDisconnectionTime /t REG_DWORD /d 5000 /f

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v MaxIdleTime /t REG_DWORD /d 7200000 /f


Step4:デスクトップ系レジストリ設定

デスクトップにまつわる、タイムアウト値をマスターイメージ作成のタイミングで行います。
※PowerShell(管理者)で実施

・fEnableTimeZoneRedirection:RDSデスクトップにクライアントのローカルタイムを表示
・StoragePolicy:ストレージセンサーを無効にする
・NoAutoUpdate:Windows Updateの自動更新を無効にする

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v fEnableTimeZoneRedirection /t REG_DWORD /d 1 /f

reg add “HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\StorageSense\
Parameters\StoragePolicy” /v 01 /t REG_DWORD /d 0 /f

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v NoAutoUpdate /t REG_DWORD /d 1 /f


Step5:Office 365 ProPlusのインストール

先ず、Office 展開ツールをダウンロードします。※必要なのは、「Setup.exe」のみ

下記、内容を「configuration.xml」として保存

<Configuration>
<Add OfficeClientEdition=”64″ Channel=”Broad”>
<Product ID=”O365ProPlusRetail”>
<Language ID=”ja-jp” />
<ExcludeApp ID=”Access” />
<ExcludeApp ID=”Groove” />
<ExcludeApp ID=”Lync” />
<ExcludeApp ID=”OneDrive” />
<ExcludeApp ID=”OneNote” />
<ExcludeApp ID=”Publisher” />
</Product>
</Add>
<Property Name=”SharedComputerLicensing” Value=”1″ />
</Configuration>

先程の「Setup.exe」にて「configuration.xml」をPowerShelldで実行します。

setup.exe /configure C:\<path>/configuration.xml

PowerPointの場合、[ファイル]ー[アカウント]ー[PowerPointのバージョン情報]
[共有コンピューターのライセンス認証]と表示されていれば大丈夫です!


Step6:初期化とイメージ化

必要な設定を終えたら、最後に[sysprep.exe]を実行します。

[キャプチャ]を選択し、イメージを作成します。

マスターイメージ完成!

Host Pool 作成時に、マスターイメージを指定すればOK