ユーザープロファイル問題を解決する「FSLogix」とは?

いいね!!

突如、マイクロソフトによる買収が発表された「FSLogix」ですが、実は、Windows Virtual Desktop(WVD)にとって非常に重要な機能を担っています! それは、Windows 10 Multi-session に欠かせない、ユーザープロファイルを管理する機能を提供しています。

VDI環境では、ログインする度に違うデスクトップが割り当てられるので、ユーザープロファイルをファイルサーバーに保存し、ユーザーがログインした際に、自身のプロファイルをファイルサーバーから読み込む必要があります。

よくあるユーザープロファイルの問題点

・ログイン時にユーザープロファイルを読み込むため、デスクトップ表示が遅い
・ファイルサーバーやネットワークに負荷を与える
・ファイルサーバー障害時には、回避する方法が無い


それでは、FSLogix を見ていきましょう!

【FSLogix 5つの機能】

①Office 365 Containers
②Profile Containers
③Cloud Cache
④Application Masking
⑤Java Version Control

※FSLogixアプリケーションは、マスターイメージにインストールして利用します。

[サポートOS]
・Windows 7 以降 (32/64bit)
・Windows Server 2008 R2 以降 (32/64bit)
※Windows 8 / Server 2012 から、VHDX をサポート


①Office 365 Containers

【 特徴 】
ユーザープロファイル(O365部分のみ)をVHD(X)として、ファイルサーバーに保存する。
ログイン時には、VHD(X)をマウントしてユーザープロファイルを利用する。
Office製品のキャッシュデータをローカルに保持する。

・ネットワーク負荷軽減
・Outlookキャッシュモード
・Windows Search Index
・OneDrive / OneNote キャッシュ


②Profile Containers

【 特徴 】
ユーザープロファイル全体をVHD(X)として、ファイルサーバーに保存する。
ログイン時には、VHD(X)をマウントしてユーザープロファイルを利用する。
プロファイル全体のキャッシュデータをローカルに保持する。

・ネットワーク負荷軽減
・Outlookキャッシュモード
・Windows Search Index
・OneDrive / OneNote キャッシュ
・VDIログインの高速化
※Office 365 Containersの機能を包括している。


③Cloud Cache

【 特徴 】
ユーザープロファイル全体をVHD(X)として、ファイルサーバー、Page Blobに保存する。
保存先を最大4ヵ所指定可能。ストレージの種類や場所に応じた、優先度設定が可能。
ログイン時には、VHD(X)をマウントしてユーザープロファイルを利用する。
プロファイル全体のキャッシュデータをローカルに保持する。

・ネットワーク負荷軽減
・Outlookキャッシュモード
・Windows Search Index
・OneDrive/OneNote キャッシュ
・VDIログインの高速化
・ネットワーク負荷分散
・(プロファイル用)サーバー負荷分散
・優先度による、自動フェールオーバー
・保存場所の移行
・ユーザープロファイルのバックアップ
・ユーザープロファイルの災害対策
※Profile Containersの機能を包括している。


④Application Masking

VDIにインストールした各種アプリケーションを、管理者が指定したユーザーにのみ利用を許可する機能。リアルタイムに変更が可能。


⑤Java Version Control

ブラウザなど各種アプリケーションにて使用される、Javaのバージョンを変更する事が可能


おまけ

WVDで複数OSを利用する場合、プロファイルバージョンごとにFSLogixを設定して下さい。
※FSLogixには、プロファイルバージョンの壁を超える機能はありません。

【Windows OS と対応する プロファイルバージョン】

・Windows XP and Windows Server 2003 [Profile v1]
・Windows Vista and Windows Server 2008 [Profile v2]
・Windows 7 and Windows Server 2008 R2 [Profile v2]
・Windows 8 and Windows Server 2012 [Profile v2]
・Windows 8 and Windows Server 2012 with patch (2887239) applied and registry setting present [Profile v3]
・Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 [Profile v2]
・Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 with patch (2887595) applied and registry setting present [Profile v4]
・Windows 10 [Profile v5]
・Windows 10 Anniversary Edition (1607) and Windows Server 2016 [Profile v6]

[Registry Setting]
(DWORD) HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ProfSvc\Parameters\
UseProfilePathExtensionVersion = ‘1’