ユーザープロファイル問題を解決する「FSLogix」とは?

突如、マイクロソフトによる買収が発表された「FSLogix」ですが、実は、Windows Virtual Desktop(WVD)にとって非常に重要な機能を担っています! それは、Windows 10 Multi-session に欠かせない、ユーザープロファイルを管理する機能を提供しています。

VDI環境では、ログインする度に違うデスクトップが割り当てられるので、ユーザープロファイルをファイルサーバーに保存し、ユーザーがログインした際に、自身のプロファイルをファイルサーバーから読み込む必要があります。

よくあるユーザープロファイルの問題点

・ログイン時にユーザープロファイルを読み込むため、デスクトップ表示が遅い
・ファイルサーバーやネットワークに負荷を与える
・ファイルサーバー障害時には、回避する方法が無い


それでは、FSLogix を見ていきましょう!

【FSLogix 5つの機能】

①Office Containers
②Profile Containers
③Cloud Cache
④Application Masking
⑤Java Version Control

※FSLogixアプリケーションは、マスターイメージにインストールして利用します。

【サポートOS】
・Windows 7 以降 (32/64bit)
・Windows Server 2008 R2 以降 (32/64bit)
※Windows 8 / Server 2012 から、VHDX をサポート

【必要なライセンス】 ※どれか1つ
・Microsoft 365 E3 / E5 / A3 / A5 / Business / F1
・Windows E3 / E5 / A3 / A5
・Windows VDA PerUser
・RDS CAL


①Office Containers

【 特徴 】
ユーザープロファイル内の[Outlook/OneNote/OneDrive]をVHD(X)として、
1箇所のファイルサーバーに保存する。
ログイン時には、VHD(X)をマウントしてユーザープロファイルを利用する。
※動作はProfile Containerと同じ


②Profile Containers

【 特徴 】
ユーザープロファイル全体をVHD(X)として、1箇所のファイルサーバーに保存が可能。
ログイン時には、VHD(X)をマウントしてユーザープロファイルを利用する。
※Office Containersの機能を包括している。

複数のストレージを指定可能。
例: \\10.0.0.4\Share01;\\10.0.0.4\Share02;
最初に指定された場所(Share01)が”Active”となり、ここにのみプロファイルが保存される。
“Share02″にはプロファイルは保存されず、”Share01”障害時のみ”Share02″からマウントされる。よって、”Share01″から”Share02″への複製方法を用意する必要がある。
“Active”から”Passive”ストレージへの切り替えには、ユーザーの再ログインが必要となり、
このタイミングで”Passive”と”Active”が入れ替わります。Preempt機能は無い。

ログイン中に”Active”ストレージが停止すると、ローカルディスクへのファイル保存やアプリケーションの起動が不可となる。ファイルサーバーへの保存は可能。





③Cloud Cache

【 特徴 】
ユーザープロファイル全体をVHD(X)として、ファイルサーバーとPage Blobに保存が可能。
ログイン時には、VHD(X)をマウントしてユーザープロファイルを利用する。
※Office 365 Containersの機能を包括している。

最大4ヵ所のストレージを指定可能。
指定されたストレージは全て”Active”となり、プロファイルが保存される。
Active/Active 構成なので、自動的にフェイルオーバーが実施される。
ファイルサーバーの移行にも利用可能。
メタデータファイルにより、最新のプロファイルを識別している。
※Profile Containersに比べ、ログオン/ログオフに時間がかかる。

【動作のしくみ】 ※妄想含む


①[C:\Users\username]としてマウントされているのは[C:\~\Proxy\xxx.vhd]

②[C:\~\Proxy\xxx.vhd]の実体は[C:\~\Cache\xxx.vhd]
書き込みデータは、ここでコミットされ、データがキャッシュされる。

③[C:\~\Cache\xxx.vhd]から、非同期にて各ファイルサーバーに書き込まれる。

Windows10 Multi-Sesion で”Cloud Cache”を利用する場合の注意点

・ユーザーが作成したデータは、サインアウトするまで[C:\~\Cache\xxx.vhd]に保持
されるので、Cドライブの容量には注意が必要

・多くのユーザーを集約すると、Cドライブにアクセスが集中するので「Premium SSD」を
推奨します。

・下記プロファイル領域は除外されます。
C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp\
C:\Users\<username>\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache


④Application Masking

VDIにインストールした各種アプリケーションを、管理者が指定したユーザーにのみ利用を許可する機能。リアルタイムに変更が可能。


⑤Java Version Control

ブラウザなど各種アプリケーションにて使用される、Javaのバージョンを変更する事が可能


おまけ

WVDで複数OSを利用する場合、プロファイルバージョンごとにFSLogixを設定して下さい。
※FSLogixには、プロファイルバージョンの壁を超える機能はありません。

【Windows OS と対応する プロファイルバージョン】

・Windows XP and Windows Server 2003 [Profile v1]
・Windows Vista and Windows Server 2008 [Profile v2]
・Windows 7 and Windows Server 2008 R2 [Profile v2]
・Windows 8 and Windows Server 2012 [Profile v2]
・Windows 8 and Windows Server 2012 with patch (2887239) applied and registry setting present [Profile v3]
・Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 [Profile v2]
・Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 with patch (2887595) applied and registry setting present [Profile v4]
・Windows 10 [Profile v5]
・Windows 10 Anniversary Edition (1607) and Server 2016/2019 [Profile v6]

[Registry Setting]
(DWORD) HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ProfSvc\Parameters\
UseProfilePathExtensionVersion = ‘1’