Horizon Cloud VDI(Windows10) の最大作成数を調査する!

いいね!!

Horizon Cloud on Azure VDI(Windows10)を検証していて思うのが、一体何台まで作成できるのかと言う事です。これは、設計にもかかわる事なので、調べてみました。

実は、Azureには、[サブスクリプション]ごとにクォーターが設けられており、そのクォーターの制限が、仮想マシン作成の上限になると考えられます。
下記に、仮想マシン作成に関係がありそうな箇所を記載します。

[サブスクリプションの制限]
・リージョンのvCPUの合計 20
・シリーズごとのvCPUの合計 (Av2) 20

[リソースグループの制限]
・リソース数 800

[リージョンの制限]
・仮想マシン 10,000
・仮想ネットワーク 1,000
・サブネット数 10,000
・プライベートIP 16,384
・NIC 24,000
・パブリックIP静的 20
・管理ディスク 50,000


マスターイメージから、1回のデプロイ実行で作成できる仮想マシンの最大数を調査する。

最大数に影響を与えそうな制限に絞って調査を行っていきます。

第1の制限

「VMサイズごとのvCPUの合計」の制限に抵触する恐れがある。
ただし、これらは、サポートに依頼する事で、上限を拡張する事ができます。

第2の制限

「リージョンのvCPUの合計」の制限に抵触する恐れがある。
ただし、これらは、サポートに依頼する事で、上限を拡張する事ができます。

第3の制限

「リソースグループのリソース数」の制限に抵触する恐れがある。
こちらは、Horizon Cloud側にて対応しており、リソースグループ内の仮想マシンが600台に達すると、別のリソースグループを作成するように設定されています。

第4の制限

Horizon Cloudのデスクトップ サブネットには「/22」という推奨値があります。※理由不明ここに上限があるかと思ったのですが、1024台以上の仮想マシンを作成する事ができました。

第5の制限

「リージョン内での仮想マシン作成数」の制限に抵触する恐れがある。
こちらの上限は「10,000」であり、上限を拡張する事ができない。


結果

マスターイメージから、1回のデプロイで作成できる仮想マシンの最大数は「10,000」台
もし、10,000台以上作成したい場合、サブスクリプションを変更して作成して下さい。