VMware Horizon Cloud with WVD に接続してみる!

長~い構築作業を経て、ようやく環境が整いました。今回は、みなさんお待ちかねの
アプリケーション&デスクトップ配信を試してみたいと思います。

今回は、外部(インターネット経由)からの接続を試したいと思います。
※外部からの接続が不要な場合、Pod Managerのデスクトップ側NICに接続


それでは、接続してみましょう!

外部からの接続の場合、ExtUAG作成時に指定した「FQDN」宛に接続する必要があります。
ただし、実際の接続先はロードバランサーの FQDN となるので、DNSで”CNAME”設定を行う必要があります。

Horizon Cloudから確認 ※[設定]ー[キャパシティ]ー[ポッド]

Azureポータルから確認

【ブラウザ 編】

ユーザーのブラウザから、ExtUAG のFQDN宛に接続します。
※Horizon Client のダウンロードが可能

ログインすると、作成した”デスクトップ”と”アプリケーション”が確認できます。

デスクトップ(Tech-Team)に接続すると、ブラウザ内に表示される。

【Horizon Client 編】

Horizon Client をインストール後、ExtUAG のFQDN宛に接続します。

ログインすると、作成した”デスクトップ”と”アプリケーション”が確認できます。

デスクトップ(Tech-team)に接続すると、クライアントアプリ内に表示される。





管理機能を見てみましょう!

[監視]ー[ダッシュボード]ー[概要]

[監視]ー[ダッシュボード]ー[Session]

[監視]ー[ダッシュボード]ー[Users]

[監視]ー[アクティビティ]ー[Admins]

[監視]ー[アクティビティ]ー[Users]

[監視]ー[アクティビティ]ー[Audit Logs]

[監視]ー[レポート]

[監視]ー[通知]