Azure モニター で WVDv2 をモニタリングしてみる!

WVDv2にてログの出力が可能となりましたので、”Log Analytics”と”Azure Monitor”を利用してログ情報の可視化を行ってみたいと思います。


全体の流れ

Step1:Log Analytics ワークスペースの作成
Step2:Host Pool の診断設定
Step3:Azure Monitor の設定

※WVDv2環境は構築済みとします。


Step1:Log Analytics ワークスペースの作成

[+リソースの作成]ー[検索:Log Analytics Workspace]ー[作成]を選択

サブスクリプション:Azureサービスの提供範囲
リソースグループ:グループ名(複数のリソースを1つにグループ化する機能)
名前:表示名
地域:データの置き場所


Step2:Host Pool の診断設定

作成済みホストプールー[診断設定]ー[診断設定を追加する]を選択

すべてのログを選択し、Log Analyticsへ送信する。





Step3:Azure Monitor の設定

[すべてのサービス]ー[検索:モニター]ー[モニター]を選択

[仮想マシン]ー[監視されていません]ー[監視対象のSessionHost]を選択

Step1で作成した、Log Analytics Workspaceを選択し、[有効]を選択
※Log Analytics Agentをプッシュインストール

Step1で作成した、Log Analytics Workspace に移動
[詳細設定]ー[Data]ー[Windowsパフォーマンスカウンター]を選択

下記、カウンターをサンプルの間隔[60秒]で登録

LogicalDisk(*)\% Free Space
LogicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Read
LogicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Write
LogicalDisk(*)\Current Disk Queue Length
LogicalDisk(*)\Disk Reads/sec
LogicalDisk(*)\Disk Transfers/sec
LogicalDisk(*)\Disk Writes/sec
LogicalDisk(*)\Free Megabytes
Memory(*)\% Committed Bytes In Use
Memory(*)\Available MBytes
Network Adapter(*)\Bytes Received/sec
Network Adapter(*)\Bytes Sent/sec
Network Interface(*)\Bytes Total/sec
Process(*)\% Processor Time
Process(*)\% User Time
Process(*)\IO Read Operations/sec
Process(*)\IO Write Operations/sec
Process(*)\Thread Count
Process(*)\Working Set
Processor(_Total)\% Processor Time
RemoteFX Graphics(*)\Average Encoding Time
RemoteFX Graphics(*)\Frames Skipped/Second – Insufficient Client Resources
RemoteFX Graphics(*)\Frames Skipped/Second – Insufficient Network Resources
RemoteFX Graphics(*)\Frames Skipped/Second – Insufficient Server Resources
RemoteFX Network(*)\Current TCP Bandwidth
RemoteFX Network(*)\Current TCP RTT
RemoteFX Network(*)\Current UDP Bandwidth
RemoteFX Network(*)\Current UDP RTT
Terminal Services Session(*)\% Processor Time
Terminal Services(*)\Active Sessions
Terminal Services(*)\Inactive Sessions
Terminal Services(*)\Total Sessions

Azure Monitor に移動

Githubから、テンプレートを赤枠にコピー&ペースト。[適用]を選択

[フロッピーアイコン]ー[保存]を選択

これにて、作業は終了です。


それでは、確認してみましょう!

※画面の一部をスクリーンショットで掲載

HostPoolの概要

アクティブセッションやセッション履歴の確認

特定ユーザーのサインイン履歴。失敗も確認できる。

SessionHostのパフォーマンス

SessionHostの詳細パフォーマンス

必要な情報を網羅していて、とても良いです。
現時点で、Azure サービスのみでモニタリングを行うなら、コレしかないでしょう!