Azure AD に参加してみる!!

シェアする

Windows10 搭載デバイスから、Azure AD に「参加」する事が出来ます。
※ADDSにドメイン参加するようなイメージです。
Azure ADに参加する事で、各種 SaaS アプリケーションへのシングルサインオン環境が簡単に実現できます。

aad010


それでは、Azure AD に参加してみましょう!!
※事前にAzure ADでディレクトリ作成、ユーザー作成を行って下さい。手順は前回と同様なので省略します。

Windows10端末にて、「Azure ADに参加」を選択aad070


[次へ]を選択

aad071


Azure AD上に作成したユーザー情報を入力

aad072


aad074

aad075


参加が完了すると、[組織]項目が Azure ADに作成したディレクトリ名に変わります。

aad076


アクセスパネルのURL [https://myapps.microsoft.com] にアクセスすると、自動でログオンされます。ヤター!! シングルサインオン環境が出来ました!!

aad078


おまけ

Azure ADに参加前の[user01]のデバイス欄

aad073

Azure ADに参加後の[user01]のデバイス欄
Azure ADに参加した際にデバイスが自動で登録されます。ですが、デバイス制御ができるわけではなさそうです。。[デバイスのブロック]も効いていないようです。

aad077

シェアする

フォローする