Microsoft Teams on WVD を試す!

Microsoft Teams に”メディア最適化”機能が実装されました!!
これにより、Windows Virtual Desktop (WVD) 上からのTeams会議をスムーズに行えるようになります。もちろん、Windows 10 Multi-sessionにも対応しております。

※現時点では、Previewです。

本来であれば、Teams(音声/動画)データはSessionHost間を経由して共有されるのですが、
メディア最適化されたTeamsでは、WVD Client 間で直接データを共有します。
また、音声/動画のエンコード/デコード処理を手元のPCにオフロードします。

【ネットワーク帯域の目安】
30   kbps =P2Pでの通話
130 kbps =P2Pでの通話+静止画共有
500 kbps =P2Pでの通話+ビデオ会議 (360p/30fps)
1.2 Mbps =P2Pでの通話+ビデオ会議 (720p/30fps)
1.5 Mbps =P2Pでの通話+ビデオ会議 (1080p/30fps)
500kbps / 1Mbps =複数人でのビデオ会議
1Mbps / 2Mbps    =複数人でのビデオ会議 (540p、1080p画面)

【ネットワーク接続要件】
UDP=3478 ~ 3481
IP Address=13.107.64.0/18 、52.112.0.0/14 、52.120.0.0/14

【注意事項】
・コンピューターベースのインストールでは、自動更新が無効となるため、新しいMSIをインストールする必要があります。
・Windows 10 で実行されている、WVD Clientアプリケーションでのみ有効です。
・Explicit Proxy 経由での通信はサポートされておりません。
・現時点では、タイムゾーンが「UTC」となります。
※その他、細々とした制限があります。


それでは、やってみよう!!

※WVDのマスターイメージにて実施

先ずは、Teamsをインストールするためにレジストリを設定します。

ファイル名を指定して実行[regedit]

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\
[Teams]を作成
[IsWVDEnvironment]を作成

Teams WebSocket Service をダウンロード後、インストール

Teams Desktop アプリをダウンロード

コマンドプロンプトにて下記を実行し、Teamsをインストールします。
msiexec /i Teams_windows_x64.msi /l*v c:\TeamsLog.txt ALLUSER=1 ALLUSERS=1

Teams は下記にインストールされる

C:\Users\taushiga\AppData\Local\Microsoft\Teams
C:\Users\taushiga\AppData\Local\Microsoft\TeamsMeetingAddin
C:\Users\taushiga\AppData\Roaming\Microsoft\Teams
C:\Users\taushiga\AppData\Local\SquirrelTemp





Teams 最適化の確認

※WVD Clientから接続してください。

[アカウント画像]ー[情報]ー[バージョン]を選択

「WVD Media は最適化されています。」の表示を確認

[スピーカー / マイク / カメラ]がリダイレクトされている事を確認
※カメラは恥ずかしいので、ブルー画像に変更しております。


接続してみましょう!

今回は、P2P接続で音声+動画会議を試してみました。

先ず、驚いたのは、音声がめちゃくちゃクリアだった点です。思わず、マイクを買い替えたのかと聞いてしまうレベルです。WVDで会議をする方がクリアってドユコト!?

動画の画質に関しても、音声同様で申し分ないレベルです。

音声/動画の処理をオフロードさせるとの事ですので、調べてみました。

カメラを有効にすると、CPU使用率が上がり、処理している感があります。

ネットワーク帯域の使用量は、気にしなくてよいレベルでした。