Citrix XenDesktop Essentials に接続してみる!!

いいね!!

それでは、StoreFront に接続!! と行きたいところですが、Citrix XenDesktop Essentials の場合、StoreFrontのURLがどこにも表示されないのです。。 ※XenAppは表示されます。
今回はサポートに問い合わせて教えてもらいました。
※XenApp同様、オリジナルドメインへの変更はできません。

さすが、Citrixさま!! 依頼したら作成して頂けました!


それでは、接続してみましょう!

ユーザーのブラウザから、StoreFront のURLに接続する。
※初回接続時のみ”Citrix Receiver”のインストールが開始

“Citrix Receiver”をインストール後、改めて接続を行う。

配信対象のデスクトップが表示されます。 ※ユーザー側でも再起動が可能

“Windows 10″のデスクトップが確認できます。

試しに保存してみると、VDA側に保存されます。User Device(手元端末)には、保存できないので、端末紛失時でも安心!! ちなみに、クリップボードも不可です。


管理機能を見てみましょう!

[Dashboard] ※接続数、デスクトップ表示時間、接続エラー、デスクトップエラー

[Trends]ー[Sessions]

[Trends]ー[Failures]

[Trends]ー[Logon Performance]

[Trends]ー[Capacity Management]

[Trends]ー[Machine Usage] ※デスクトップ利用状況

[Trends]ー[Resource Utilization] ※CPU、Memory、Session 状況

[Trends]ー[Custom Reports]

[Filters]ー[Machines / Sessions / Connections / Application Instances]
※仮想デスクトップに対して、再起動、セッション切断、メッセージ送信などを行う。

[Alerts]ー[Citrix Alerts] ※[Citrix Alerts Policy]に該当するアラートを表示

[Alerts]ー[Citrix Alerts Policy] ※独自のしきい値を設定可能

[Alerts]ー[Email Server Configuration]
※[Citrix Alerts Policy]に該当するアラートをメール送信


最後に

以上で、”Citrix XenDesktop Essentials”をかる~く試してみました。DaaSとしてシンプルにまとまった感があり、デスクトップ仮想化の敷居をグッと下げたのではないでしょうか。
パソコンのセットアップやサポートに悩まれている方は、試してみる価値があると思います!!