Citrix XenApp Essentials に接続してみる!!

いいね!!

前回の長~い構築作業を経て、ようやく環境が整いました。今回は、みなさんお待ちかねの
アプリケーション配信を試してみたいと思います。


それでは、接続してみましょう!

Citrix Cloud ー[Manage]ー[“作成したカタログ”]に、StoreFront のURLが記載されている。※このURLは、Citrixアカウント作成時の会社名が元となり生成されます。。
※「https://xxx.cloud.com」 xxx部分を変更可能

ユーザーのブラウザから、StoreFront のURLに接続する。
※初回接続時のみ”Citrix Receiver”のインストールが開始

“Citrix Receiver”をインストール後、改めて接続を行う。

配信対象のアプリケーションが表示されます。

同じバージョンの”IE”が動作しているのが確認できます。

試しに保存してみると、VDA側に保存されます。User Device(手元端末)には、保存できないので、端末紛失時でも安心!! ちなみに、クリップボードも不可です。

作成しておいたファイルサーバーに”プロファイル”が作成されています。
※保存したファイルやブラウザのお気に入りなども保持されます。


管理機能を見てみましょう!

Citrix Cloud ー[Monitor]ー[“作成したカタログ”]を選択

接続中のユーザーが表示されます。

ユーザーに対して[Log Off] [Disconnect] [Send Message]が実行できます。

試しに、メッセージを送信してみます。 ※2バイト文字もOK

ユーザー側では、下記のように表示されます。


最後に

以上で、”Citrix XenApp Essentials”をかる~く試してみました。SaaSとしてシンプルにまとまった感があり、アプリケーション仮想化の敷居をグッと下げたのではないでしょうか。
アプリケーションのセットアップに悩まれている方は、試してみる価値があると思います!!