新生 VDI 登場! WVD ARM とは?

WVD ARM とは、既存のPowerShellベースのWVDから、Azure Portal に対応した新しいWindows Virtual Desktopを指します。
※便宜上、PowerShell WVD=WVDv1、WVD ARM=WVDv2 と呼ぶことにします。

Azure Portal に対応したという事なので、
必要な構成、接続の流れ、配信方法、負荷分散、ライセンスなどに変更はありません。

詳細はこちら
マイクロソフト純正 VDI 登場! Windows Virtual Desktop とは?

とはいえ!
WVDv1から、いくつかの追加機能があるので、主な違いについて見ていきたいと思います。

[WVDv2 の主な追加機能]

①サブスクリプション登録に変更
②Azure Portalから構築が可能
③エンタープライズアプリケーションが不要
④MetaDataを保存するリージョンが選択可能
⑤SessionHost作成時に、グローバル管理者アカウントが不要
⑥ユーザー登録時に、グループでの登録が可能
⑦Workspace機能が追加
⑧Host Pool内の[Desktop/RemoteApp]に対して、同一UPNが登録可能
⑨Azure Portalから、RemoteApp設定が可能
⑩Azure Portalから、ユーザーの接続状況を確認可能
⑪Azure Portalから、RDPカスタム設定が可能
⑫エージェントレスでのログ出力が可能
⑬RBACによる、管理権限割り当てが可能


①サブスクリプション登録に変更

WVDv1では、AzureAD TenantをWVD Managed環境と紐付けていましたが、
WVDv2では、SubscriptionをWVD Managed環境と紐付けるように変更となりました。

【全体構造】 ※MetaData
Subscription:WVD利用のAzureAD配下であるSubscriptionを指定する必要がある。
Host Pool:仮想マシンが配置されるプール。1つのWorkspaceに所属可能
Workspace:WVD Clientに表示するグループ化機能。複数のHostPoolに所属可能
Application Group:デスクトップ/アプリケーション配信用グループ
Desktop:デスクトップ配信用、仮想マシン
RemoteApp:アプリケーション配信用、仮想マシン
UPN:ユーザーアカウント ※WVD利用のAzureADに同期されている必要がある


②Azure Portalから構築が可能

Azure Portal より作成可能となりました。PowerShellは不要です。


③エンタープライズアプリケーションが不要

[Windows Virtual Desktop] [Windows Virtual Desktop Client]の作成が不要になりました


④MetaDataを保存するリージョンが選択可能

ね。できるでしょ~





⑤SessionHost作成時に、グローバル管理者アカウントが不要

サブスクリプション登録に変更されたので、”グローバル管理者”の入力項目が無いのです。


⑥ユーザー登録時に、グループでの登録が可能

わかりにくいですが、”WVD_Users”はグループなのです。


⑦Workspace機能が追加

配信グループを作成できるようになりました。


⑧Host Pool内の[Desktop/RemoteApp]に対して同一UPNが登録可能

1つのHost Poolから、デスクトップ配信/アプリケーション配信を、1人のユーザーに対して行えるようになりました。
※WVDv1の場合、デスクトップ配信用Host Pool、アプリケーション配信用Host Poolという具合に分ける必要がありました。


⑨Azure Portalから、RemoteApp設定が可能

アプリケーションの指定まで可能 ※WVDv1は、PowerShellで可能


⑩Azure Portalから、ユーザーの接続状況を確認可能

Log off / Disconnect も可能  ※WVDv1は、PowerShellで可能


⑪Azure Portalから、RDPカスタム設定が可能

Host Pool単位で実施可能 ※WVDv1は、PowerShellで可能





⑫エージェントレスでのログ出力が可能

[Host Pools][Application Groups][Workspaces]でログの出力が可能


⑬RBACによる、管理権限割り当てが可能

[Host Pools][Application Groups][Workspaces]の単位で「RBAC」設定が可能


最後に

WVDv1とWVDv2の違いについて見てきましたが、もう一つ重要なお話があります。
このWVDv1 / WVDv2 に互換性はありません。

移行パスが用意されるので、詳細が分かり次第、追記致します。

WVD Clientからは、v1/v2どちらから配信されていても利用することが可能です。
※設定不要で意識する必要はありません。