Log Analytics で NSG のログ分析

いいね!!

Azure ポータルで取得できるログには[監査ログ][イベントログ][カウンターログ]がありますが、ネットワークセキュリティーグループ(NSG) で取得できるのは[イベントログ]と[カウンターログ]になります。

今回は、ログの取得方法とLog Analytics のソリューション機能を検証したいと思います。


【ログの取得設定】

(作成したNSGを選択)ー[Diagnostics logs]ー[診断ログをオンにする]

nsg016

状態:オン or オフ
Archibe to a storage account:ログをストレージに保存
Stream to an event hub:ログをイベントハブに渡す
Send to Log Analytics:ログをLog Analyticsに渡す

NetworkSecurityGroupEvent:NSGルールに合致したパケットを、MACアドレスを軸に送信元と宛先のペアを60秒単位で収集する。
NetworkSecurityGroupRuleCounter:NSGの各ルールに合致したパケットの回数を表示
リテンション期間:0~365。0は削除しない。

nsg017

※取得設定はこれで完了です。


【ソリューションの追加】

(OMSポータル)[ソリューション ギャラリー]を選択loga030

loga027

loga028


【ログ収集の開始】

PowerShellにて下記を実行すると、ウィザードが走るので進めて下さい。

> Add-AzureDiagnosticsToLogAnalyticsUI ※PowerShell 5.0が必要
・サブスクリプションの選択
・NSGの選択(ログ設定済みのNSGのみ表示される)
・OMS ワークスペースの選択


【ログ情報を見る】

[Block,Rule][Block,IP][Allow,Rule][Allow,IP]でのマッチカウント数が表示される。
※NSGをサブネットに適用すると、セグメント単位で表示されます。

loga031