Azure Private DNS とは?

Azure Private DNSとは、仮想ネットワーク内で独自ドメインの利用を可能にする”内部DNSサーバー”をフルマネージドサービスとして提供します。
“Private DNS”とリンクした仮想ネットワーク上のVMからのみ参照可能となります。
また、リンク済み仮想ネットワーク上のVMをAレコードに自動登録する機能があり、逆引きも可能となる。

“Private DNS” と “Public DNS”で同じドメインを指定可能。仮想ネットワーク側から引いた場合と、Internet側から引いた場合で別々のIP Addressを返答させる事が可能です。

基本動作を見てみましょう!

①VMから”www.cloudou.net”の名前解決を”Azure Provided DNS”に問い合わせる。
②”Azure Provided DNS”では名前解決ができないので、[cloudou.net]のネームサーバーである”Private DNS”に問い合わせる。
③”Private DNS”は[www.cloudou.net]の名前解決を行い”Azure Provided DNS”に返答する
※リンク済み仮想ネットワークからの問合せのみ有効

【対応レコード】
[A / AAAA / CNAME / MX / PTR / SOA / SRV / TXT]

【作成上限】
・サブスクリプションあたりのPrivate DNS Zone 数:1,000
・Private DNS Zone あたりのレコードセット数:25,000
・Private DNS Zone 内のレコードセット内のレコード数:20
・Private DNS Zone あたりの仮想ネットワークリンク数:1,000
・自動登録が有効な Private DNS Zone あたりの仮想ネットワークリンク数:100
・自動登録が有効化された仮想ネットワークがリンク可能なPrivate DNS Zoneの数:1
・仮想マシンあたり、送信可能なDNSクエリの数:500/sec
・仮想マシンあたり、保留可能なDNSクエリ キュー数:200


それでは、やってみよう!!

[+新規]ー[検索:private dns zone]ー[DNSゾーン]を選択

サブスクリプション:Azureサービスの提供範囲
リソースグループ:グループ名(複数のリソースを1つにグループ化する機能)
名前:ゾーン名となる ※[.local]ドメイン禁止
リソースグループの場所:デプロイするAzureのリージョン

[仮想ネットワーク リンク]ー[追加]を選択

リンク名:表示名
サブスクリプション:Azureサービスの提供範囲
仮想ネットワーク:”Private DNS”と紐付ける仮想ネットワークを選択
自動登録を有効にする:紐付けた仮想ネットワーク上のVMをDNSに自動登録する

[レコードセット]を選択

名前:※ワイルドカードも使用可能
種類:[A / AAAA / CNAME / MX / PTR / SOA / SRV / TXT]
TTL:キャッシュ有効期限
IPアドレス: ←選択した[種類]により変化します。

試しに、VMから名前解決をすると、きちんと返してくれます。