Windows Virtual Desktop (WVD) で Screen Capture Protection を試す!

リモートデスクトップ接続時に情報漏えい対策として、USBデバイス、プリンター、クリップボードなどの利用を禁止している場合があるかと思います。しかし、手元の端末で”スクリーンキャプチャー”を行うと、画面情報が保存できてしまいます。このような行為を防止するための機能となります。

プリントスクリーン、切り取り&スケッチなどのスクリーンキャプチャー機能を利用すると、
配信されていたデスクトップ画面が黒ぬりに変わる。


それではやってみよー

マスターイメージもしくは、Session Hostにて有効化します。
※PowerShellにて、そのまま実行

reg add “HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\Terminal Services” /v fEnableScreenCaptureProtection /t REG_DWORD /d 1

あわせて、ホストプールのRDPプロパティ設定を実施


それでは、確認してみましょう!

スクリーンキャプチャーを撮ろうとすると、セッションホストのデスクトップ画面がグレーアウトされる。

キャプチャーしたファイルは黒ぬりとなっている。