Windows Virtual Desktop 最適化ツールを試す!

WVD のSession Hostを軽量化する”PowerShellスクリプト”が登場したので、試してみたいと思います。通常のWindows 10 では、VDIとして利用する際に不要と思われる機能・アプリケーションが多く動作しています。それらを[停止/削除]する事でVDI用に最適化します。
リソース消費を抑える事で、集約率を上げ、さらなるコスト削減が可能となります!

このPowerShellスクリプトは、公式ドキュメント「VDIデスクトップで推奨される設定」と「仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)ロール用のWindows 10 バージョンxxxxの最適化」で推奨されている設定を実施するものです。
※MS公式のPowerShellスクリプトではありません。

【 サポートOS 】
・Windows 10 Enterprise Single-session 1909/2004
・Windows 10 Enterprise Multi-session 1909/2004


それではやってみよー

今回は、Session Host(Win10 Multi 2004)にて作業を実施
※このスクリプトはSysprep後に実施する必要があります。

Githubリポジトリから、PowerShellスクリプトをダウンロード

[Code]ー[ダウンロードZIP]を選択

ダウンロードしたファイルを展開して保存

管理者権限でPowerShellを起動

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy Unrestricted

.\Win10_VirtualDesktop_Optimize.ps1 -WindowsVersion 2004 -Verbose

※スクリプト終了後に再起動を実施

再度、サインイン。一見したところ、アプリケーションが減っている!?

左:最適化前  右:最適化後  ※プロセス数、スレッド数が減っていますね

※Multi-Sessionの集約率が2倍以上になったという話もあるみたい。

デフォルト設定で実施した場合、Win10 が ガリッガリッに仕上がってしまいます。
必要な設定もあるかと思います。そんな時は、5つの設定ファイルから変更が可能です。

試しに、Appxpackeages.json を開くと削除対象のアプリがわかるので、必要なアプリは
リストから削除するか、”VDIState”: “Enabled” に変更しておきましょう。