ARM仮想マシンのマスターイメージ作成 ~JSON編~

いいや!限界だ押すね!

現時点(2016/03/25)ではARMで作成した仮想マシンからマスターイメージを作成するのは容易ではなかったのですが、今ではポータルサイトから簡単に作成できるようになりました。

仮想マシンのマスターイメージ作成 ~Managed Disk編~
仮想マシンのマスターイメージ作成 ~Unmanaged Disk編~

ただし、JSONからデプロイする際の参考になりますので、理解して損は無いでしょう。


全体の流れ

Step1:マスターイメージの元となる仮想マシンを作成 ※省略します。
Step2:マスターイメージの元となる「VHD」をキャプチャ
Step3:JSONファイルから、仮想マシンを作成


Step1:マスターイメージの元となる仮想マシンを作成

事前にマスターイメージの元となる、仮想マシンを準備します。
※[Sysprep][割り当て解除]済みにしておいて下さい。


Step2:マスターイメージの元となる「VHD」をキャプチャ

下記にアクセスしログインしてください。
https://resources.azure.com/
※いつか、新ポータルサイトの「リソース エクスプローラー」からできるはず。。
json02

左ペインから、マスターイメージ元となる仮想マシンを選択。
「Read/Write」、「Actions(POST,DELETE)」を選択し下記画面を表示します。

json01

手順1.[deallocate]を押下 ※[割り当て解除]状態にします。

手順2.[generalize]を押下 ※[一般化]フラグを立てます。

※InstanceViewの「Data (GET,PUT)」タブより、[deallocate]と[generalize]の確認が可能です。
“code”に[deallocate][generalize]と表示されていればOKです。

json04

手順3.[capture]項目を編集します。

“vhdPrefix”=コピー後のVHDファイル名の先頭に付ける文字列
“destinationContainerName”=コピー先のコンテナ名
“overwriteVhds”=上書きを許可or拒否

最後に[capture]を押下し、VHDをコピーします。

json08


Step3:JSONファイルから、仮想マシンを作成

JSONファイルをダウンロードしてください。
新ポータルから「https://portal.azure.com/#create/Microsoft.Template」へ
もしくは、[+新規]ー[検索:テンプレート]ー[テンプレートのデプロイ]を選択。

json05

[テンプレート]を選択し、テキスト欄にJSONファイルをペーストしてください。

json06

[パラメーター]を選択し、各種項目を入力していきます。

json07

[OSMASTERIMAGEURI]の入力は、上記でキャプチャしたVHDファイルのURIを指定して下さい。
“ストレージアカウント名” > system > Microsoft.Compute > Images > “vhdPrefix名” > “VHDファイル名” > [最後にURLをコピー]
※ > vhds > tushigami10osDisk.vhd として新規にデプロイされます。

[法令条項]を選択し、[作成]を押下

json10

最後に[作成]を押下

json11

いいや!限界だ押すね!